MAKTANK体験

BBプロジェクト

最近の記事

スタッフ別カテゴリ

最初から読みたい人はこちら

リンク

やっとこ!できた!38も86も・・・

投稿者: ぶっ飛びリーダー 日時: 2017年10月22日 11:35

 できました!進化しそうな・・・?MAKTANK!
明日から持ちますね。名前は初めまして・・・シロとクロです。ということで!!
86Wと86Bにします。まずは86Wをお披露目!
201710220003.jpg

チビサイズもありますよ!

201710220004.jpg

で!12月から販売します。クリスマス!プレゼント!それと10周年記念!シリアルプレートも考案したいですが・・・!時間があるか!?な!

さて次は鯖やさんとのコラボレーション!!トロサバを養殖中です。徐々に大きくなり!姿も少しづつ変わってきますよ!ぴちぴち!してるでしょ!
20171022001.jpg

はねてます!さらに進化しますよ!後もう少し!で鯖やさんに出荷できそうです。それまで!大切に育てますね!!(^^

20171022002.jpg
結構!影でうごいています。新たなリーダーもそろそろ誕生します。楽しみに待っててくださいね!

体験

投稿者: ウェルダー王子 日時: 2017年9月27日 16:11

朝晩は秋の気配が感じられるようになりましたが
昼間はまだまだ暑さが続きます・・・

膜構造物の生産を行っている我々にとって
ものづくりについて少し考えてみたのですが

今までは
モノづくりに集中して、良い製品を生産して顧客の満足を得ると言う
製品が主体となった時代は終わり、

今はそのモノ(製品)を通してどのようなコト(体験、付加価値)が得られるのかという事を重要視するようになってきたと感じています。


「どのようにつくるか」ではなく、「どのような"モノ"をつくるか」


マクタンクもどのような"モノ"を創るか?ですね


マクタンク体験工房ではコト(体験、付加価値)を提供し
付加価値を感じていただいていると実感しています!


      ウェルダー王子

NFL

投稿者: ウェルダー王子 日時: 2017年9月13日 19:50

先日、アメリカンフットボールが開幕し、アメリカでも
かなり盛り上がっていましたが
私自身、昨年枚方工場で製作しました
ファルコンズ:メルセデス・ベンツ・スタジアムの開閉屋根部が
お披露目となり興奮しています!!!


16億ドルの建設費を投じてアトランタのダウンタウンに建設されたのがメルセデス・ベンツ・スタジアムで、幾何学的な形状の外観が特徴のドーム型スタジアムです!
収容人数は7万人で再来年に開催予定の第53回スーパーボウルの際には8万3,000人にまで一時的に拡大される予定だそうです~


すごい!!


スタジアムの屋根の中央部は開閉式となっており、カメラのシャッターのように8分割された屋根がスライドして動くのも大きな特徴の一つとなっていますので

是非、インターネットにてベンツスタジアムと検索して確認ください!

屋根材料となるETFE素材(透明フィルム)を使って
マクタンク製作にもチャレンジして見ます~


   ウェルダー王子

感謝

投稿者: ウェルダー王子 日時: 2017年9月 6日 23:25

やっと涼しくなってきました。
秋がすぐやってきそうな・・・
心地いい風が吹く
いい夜です。

先週は海外出張のためブログを休んでしまいました~
機会があれば海外出張で得られたことをお伝えしようと思います。

最近、日常に追われ
色々感謝することを忘れてしまっているように自分自身感じています。

「感謝は、あなたが成長し、広がるのを助けます。感謝は、あなたの人生に、喜びと笑いをもたらすだけでなく、あなたの周りにいる全ての人々の人生にも喜びと笑いをもたらします。」

これは、誰かの言葉ですが

まずは人生感謝ですね!

マクタンクに感謝!!!


    ウェルダー王子

熱い!戦い

投稿者: 若葉 日時: 2017年8月31日 17:37

こんにちは!こんばんは!若葉です


やっと朝夕が涼しくなってきて、そろそろ秋の気配が見えてきました
そんな涼しくなってきた今日ですが
本日8月31日だけは熱い夜になりそうです
サッカーワールドカップの最終予選!出場を決める大一番が開催されます
試合をご覧になられると思いますが注目いただきたいのは・・・・

太陽工業の製作した
スタジアムの客席を覆うスタジアム屋根にも注目ください。

20170831a.jpg

感じる。思う。考える。行動する

投稿者: ウェルダー王子 日時: 2017年8月23日 22:13

コピーライターの糸井重里さんが
こんなことを言っていました!

【まず「感じる」からはじまる。
「感じる」は「思う」になって、
「思う」は「考える」になり、
そして最後に
「考える」から「行動にする」に至る。】

「思う」や「思い」がないまま「考える」だけを
やり取りしても
それは結局、行動には
つながらない・・・


会社でも「これだめだ」というだけじゃなくて、
「だめだと自分は思う」と伝えるだけでも、
コミュニケーションがぜんぜん変わってくるのですね~

自分はどう感じ、どう思うか?思いは?

   ウェルダー王子


ボチボチと・・・

投稿者: ぶっ飛びリーダー 日時: 2017年8月18日 13:36

久しぶりの登場。
1ヶ月が1年の感覚で4ヶ月。4年経った感覚で今、戻ってきました。(^^

20180818.jpg

前まではMAKTANKが主ビジネスと自分で言っていましたが、それも逆転してしまいました。
なんとか!MAKTANKを主に戻したいですね。まだまだがんばらないとダメですが・・・(><

なにもやっていなかったわけではありませんよ。
上記の営業用カバンを開発していました。出来たんですが・・・あまりにもカバンになってしまい。
反省。メンバーからもブーイング。

今後は『カバンが欲しいならブランドカバンを買います。』とトホホ大反省。

で、マクタンクらしく膜、素材、遊び、オリジナリティに価値をおいて、リベンジ中です。

出来たら皆様にまた、報告しますね。

それでは良い週末を・・・Have a nice weekend.

自主性

投稿者: ウェルダー王子 日時: 2017年8月16日 18:16

最近やっと暑さのピークが過ぎたような・・・・


こんな話を聞きました
あるファーストフード系の企業は、

そのセールストークに関する《マニュアル》の完全さで定評があるり

お客さんが店に入ってきたら、どういう挨拶をし、どういう注文をとり、

どうサービスするのか、おじぎの仕方から紙袋のつめ方、

つり銭の出し方に至るまで、ていねいに定型化している。

その結果、どの店でも同じようなサービスを受けられるので、

お客さんからの評判もよく、利益も満足のいくものが上がっている。


ある日、赤ん坊を連れた女性客が店に入ってきて、カウンターで注文をした。

赤ん坊は従業員にニコニコ笑い掛けながら、彼の頭の紙の帽子をいじくり始め

従業員は、アッと思ったが、赤ん坊のそうした行為に対する対処の方法は、

与えられたマニュアルには書いておらず、すっかり困り果ててしまった様です。


従業員に対する懇切丁寧な指導は非常にいいことだと思うが


やはり、働く者の創造性とか自主性が本当の意味で、

心のこもった接客を作り上げていくのだと思います。

従業員の自主性に関しては

企業の中で大切に育てて行きたいと思います。


  ウェルダー王子

働き方改善

投稿者: 若葉 日時: 2017年8月 3日 17:36

こんにちは、こんばんは 若葉です

週末に暑さしのぎに、図書館で本を読むことにしました
なにを読むか物色して・・・・・
最近は働き方改革で残業をしないでもいい様にしていくように
なっていますがどのように取り組めばいいか考えていました。
そこで・・・・・
20170803a.png
この本を読みました
ただ残業をしないではなく、生産性をあげて利益を確保しつつ
ムダなく業務をこなす必要があります


非常に難しいです、人は大きな変化を嫌い
安定的に作業をしたいと考えます

「制限時間をいっぱいまで使ってミスをしない」
ずっとやられてきた日本の仕事の取組み方ですが
もうこの考えは捨てなければなりません


「残業をしている人=頑張っている人」ではもうないです
「効率よく仕事をこなし残業しない人=評価される人」なのです


自分の業務を一度見直したいと思います

アイデアを活かして「陸・海・空」を制覇しました~

投稿者: にっこりPR 日時: 2017年7月29日 13:58

皆さん、こんにちは、にっこりPRです。

久々のブログとなってしまいましたが、
ちょっと今回は、おもしろネタのご紹介を。。。

現在、私たちの会社では、
柔軟性と耐候性を備えた透明な素材「ETFEフィルム膜」の
国内展開を推進しています。
ガラスの屋根や窓に代わる素材としても注目を集める「ETFEフィルム膜」。
既に、建築の分野では世界中で活躍しているのですが、
日本では、法的整備も終わり「いよいよこれから!」といった状況です。

そのようなタイミングを計った訳ではありませんが、
この度その「ETFEフィルム膜」を使った世界初のヨットセイルが誕生し
海の日にお披露目を迎える事が出来ました。
ueda170729a.jpg

社内のヨット好きが集まって完成した今回の「ETFEフィルムのヨットセイル」は、
他のセイルにはない透明性で良好な視界を確保、安全なヨット運航を約束します。

当時のブログでも紹介しましたので、憶えてらっしゃる方もいるかもしれませんが、
2014年には、この素材を使った人力飛行機の開発にも成功しており、
今回のヨットセイルの開発により、
ueda170729c.JPG
ueda170729b.jpg
海=ヨットセイル、空=グライダーの主翼、陸=膜構造の建築物と全ての領域で
実績を上げたことになります。




面白いこと・変わったことに、本気でチャレンジする。
いかにも、私たちの会社らしい今回の話題。
陸・海・空を制覇した、今、残されたフィールドは「宇宙」です!

乞うご期待ください(~o~)


copyright ©2012 MAKTANK